機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2020年2月3日更新

建設国保育成強化

国保組合に対する補助
現行水準確保の見通し
社保対部

 昨年12月20日、2020年度政府予算案が閣議決定され、国保組合に対する補助金は総額で2739億7000万円(2019年度比136億5000万円減)となりました。
 一人当たりの医療費の伸びを前年度比で3.6%増と見込み、定率補助の見直しや所得調査の影響を打開しながら現行補助水準が確保できる見通しを築くことができました。
 厚労省は、①被保険者数は0.7%の減少としたこと、②医療費の伸びは診療報酬・薬価の改定の影響はありましたが3.6%の増加を見込んで、一人当たりの医療費を21万5620円と積算し、現行の補助水準確保の見通しはできていると説明しています。
 私たち阪神土建は建設国保を守る運動として、全国の仲間とともに夏と冬にハガキ要請行動に取り組みました。この取り組みは、毎年7月と11月に行なっています。7月は次年度予算の概算要求、11月は次年度予算の確保と、それぞれ国庫補助金の獲得に向けて、全ての組合員の皆さまが取り組むことのできる運動です。2019年度の実績では、7月のハガキ発送数が11月と比べて6割弱程度と少なくなっています。
 さらに、昨年11月には地元選出国会議員である大串正樹衆議院議員、山田賢司衆議院議員(いずれも自民党)、櫻井周衆議院議員(立憲民主党)、中野洋昌衆議院議員(公明党)、室井邦彦参議院議員(日本維新の会)、へも要請行動を展開。こうした行動への取り組みの結果、建設国保に対する補助金を勝ちとるができました。昨年の皆様のご協力に感謝申し上げます。
 発送数の少ない7月のハガキ要請行動の取り組みでは、更に1枚でも多くのハガキを書いて頂き、皆様の声を国に届けていかなければ建設国保の適正な運営に大きな影響が出かねません。国庫補助金が獲得できるように力を合わせて運動するために、重ねてご協力をお願いいたします。

社保対部長 今川修二

日帰りバス旅行

4度目となるカニツアー
反響大きく急遽定員増やし
阪神支部

 昨年12月9日、バス3台119人の参加で阪神支部のバスツアーが行なわれ、今回で4回目となるカニツアーとして、前年と同じ宮津に行きました。
 今回は先着順受付から抽選での受付に変更したところ、予想以上の申し込みがあり、急遽、定員を増やして抽選を行なったという人気あるイベントになりました。
 当日は、前年の雪やみぞれが舞う冬の天候とは違い、暖かい気候に恵まれ、食事前に観光として立ち寄った「日本三景 天橋立」では、唯一小雨が降る中での観光となりました。
 その後、ホテルへ移動しての昼食では、カニづくしの料理を前に、皆さん会話も忘れて食事に夢中になり、すべてを堪能し終えると同時に2時間が過ぎ、終了してすぐに出発という状態に今年もなりました。
 1日を過ごして、最後に解散する時には、皆さん両手一杯のお土産とともに、美味のカニ料理を堪能し、満足した表情に満ち溢れていました。
 今回は抽選にもかかわらず初めて申し込みをされた組合員さんも多くおられ、このバスツアーが1人でも多くの組合員同士の交流の場として、今後も続けばいいと思いました。

支部書記局 河村憲享

日帰りバス旅行

見応えある展示品の数々
野村ベースボールギャラリー
伊丹支部

 昨年12月22日、伊丹支部を8時に出発し、「久美浜温泉 湯元館」に向かいました。
 途中には「京丹波 味夢の里」に立ち寄り休憩し、地元の新鮮な野菜やお土産があり、買い物ができてよかったです。
 次に立ち寄ったのは「野村克也ベースボールギャラリー」を見学しました。そんなに大きなギャラリーではありませんでしたが、現役時代の古い写真や道具などが展示されていて見応えがありました。
 昼食は「久美浜温泉 湯元館」でのカニ料理をいただきました。量も多くてとても満足できました。その後、露天風呂に入りましたが、広くて気持ち良かったです。

伊丹支部 三好誠太

大人も子どもも楽しく餅つき体験

三田支部

 阪神土建に入って7年位なのですが、今までイベントがあることは知っていましたが、なかなか参加する機会がなく、今回初めて三田支部の「おもちつき」に家族4人で参加させていただきました。
 6歳と4歳の息子は子ども用の杵を貸してもらってお餅をつきました。とても楽しかったみたいで、何回もつかせてもらいました。
 子どもの楽しそうな姿を見ていたら私もつきたくなり、「おもちつき」を体験できました。
 昼食では、具だくさんの豚汁、色んな種類のお餅を出してもらい、どれもとても美味しかったです。特に子どもは、きな粉餅がお気に入りで、「おいしい」とたくさん食べていました。
 帰りにはお土産までいただきうれしかったです。
 三田支部のイベントに初めての参加で、最初は不安もありましたが、参加して良かったです。次回はイチゴ狩りがあると聞いたので参加したいです。

三田支部 森本