機関紙「阪神土建」

ここではその中からいくつかの記事を抜粋して掲載していきます。阪神土建労働組合のことをもっと知りたい!という方必見です。

2019年10月07日更新

秋の拡大出陣式

拡大月間の成功に向け
役員一同で取り組みを共有
組織部

 9月2日、西宮市民会館で秋の拡大月間に向けた令和元年度組織拡大出陣式が行なわれました。
 私たちの要求を実現させるため、自治体や議員、首長が耳を傾けてくれるよう「数は力」で組合を大きくさせることが必要です。
 秋の拡大月間を成功させるべく今回も9月度の本部執行委員会の終了後に行なわれ、式には、足立執行委員長、下山組織部長をはじめ本部執行委員、組織部員、本部支部書記局など53人が参加しました。
 頭、足立委員長のあいさつでは「阪神土建も多い時で組織人員が約1万2000人であったが、その後は減少傾向にあった。それが、数年前の社保未加入問題により、少しずつ増勢に転じているが、高齢化も進んでいるため、もっと若年層を取り込まなければならない」と話しました。
 その後、下山組織部長の基調報告では「社保未加入問題もあって、ここ最近は少しずつ増勢してはいるが、皆さん気を緩めないで各支部目標達成に向けて奮闘いただきたい」と参加者へ奮起を呼びかけました。
 尾野組織部員の決意表明では「青年部が活躍を通じて組合と次世代に還元されないのは大きな損失である。青年部卒業世代が活躍できる場をつくることが、これからの組織運動に大きな影響をあたえる」と組合の変革を訴えました。
 最後に中野書記長の「目標を達成しよう」のコールを三唱し、参加者一同で目標達成を誓いあい、拡大出陣式が締めくくられました。

  • 拡大出陣式

第42回住宅デー

各地で開催
地域に阪神土建をアピール

夏真っ盛りの7月から8月にかけて、尼崎支部、西宮支部、伊丹支部、阪神支部、川西支部は42回目となる住宅デーに取り組みました。

西宮支部
7月28日のJR甲子園口ほんわか商店街歩行者天国に参加。木工教室ブースと組合宣伝ブースを出展し、組合をアピールしました。

川西支部
8月18日に川西市にある八皇子神社の夏祭りに参加。小物入れ、タイル細工の鍋敷き、レーシングカーの木工教室を行ないました。

尼崎支部
8月18日に尼崎市役所東側にある橘公園で行ない、日新中学校吹奏楽部の演奏や住宅相談、子ども木工教室、カベ塗りの実演、飲食コーナーなど盛りだくさんのイベントとなりました。

伊丹支部
8月18日に有岡城跡公園で行ない、木工教室やスーパーボールすくい、かき氷を企画し、たくさんの子どもたちが参加してくれました。

阪神支部
8月20日に末広中央公園で行なわれた宝塚サマーフェスタにブース出展。子ども木工教室に取り組み、ゲタ作り、手形と、大勢の子どもたちが参加してくれました。

  • 川西支部
  • 尼崎支部
  • 伊丹支部
  • 阪神支部